痩せるお茶

お茶は痩せるのに適した飲み物

茶に含まれるカフェインは、エネルギー源として脂肪が優先的に使用される働きをするため、痩せようとすっると運動前に茶を飲むのは効果的。
またカテキンは脂肪を分解する酵素の働きを強めることから、お茶は油を使った料理のときには最適な飲み物なのです。

 

痩せるお茶は砂糖やミルクを使わない無糖飲料であることもダイエットに適した飲料と言えるでしょう。
なお、飲料よりも茶葉(粉末)を摂取する方が痩せるお茶として、肥満抑制の効果が高いことも明らかになっている。
痩せるを目的としたお茶はダイエットだけでなく健康を維持するためにも良いことが明らかになっているのです。

 

 

痩せるお茶は無糖の飲料でカフェインやカテキン、タンニン、ビタミン、カリウムを含み多くの人が飲み続けている。
今や、痩せるお茶はダイエット目的で飲まれていることが多くなり、有酸素運動との併用で効果をあげています。
お茶は自然が作り出した天然の健康飲料と言えるでしょう。

 

お茶にはいろんな種類があり、世界中で多く飲まれ、良く知られている主なものとして、日本茶(緑茶)、中国茶、紅茶があります。
日本国内で生産されるお茶は、ほとんどすべてが緑茶。
その緑茶が、栽培方法、摘採時期、製造工程などの違いによって、さまざまな種類のお茶になります
煎茶、玉露、抹茶、玉緑茶、茎茶、粉茶、番茶、玄米茶、ほうじ茶、新茶など21種類ものお茶が飲まれている。

 

中国はお茶の発祥地ともいわれ、地域や季節によってさまざまなお茶の文化を育んできたのです。
中国茶には、数百種類ともいわれるお茶が存在しています。
その分類も、茶葉の色や形、香りなどで分ける方法など、実に多種多様。一般的には、発酵度によって基本的に6つに分類されます。
発酵の度合いによって、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶に分類されている。

日本茶は天然の健康飲料

日本茶の成分が免疫力を高め、肌の老化を防ぐなど体に良いことが科学的に証明されている。
日本で生産されているお茶のほとんどが緑茶です。

 

 

お茶に含まれている主な成分と効能
 @タンニン
  渋味やお茶の色を決める成分
  抗菌作用、抗酸化作用
 Aカフェイン
  苦味を決める成分
  脳を刺激し眠気を覚まし、疲労を回復させる作用
 Bテアニン
  うま味を決める成分
  興奮を鎮めたり緊張を和らげたりする作用
 Cβ−カロチン
  体内でビタミンAに変わる
  人参の約10倍の量が含まれる
 DビタミンC
  ほうれん草の約3〜4倍の量が含まれる
 EビタミンE

  ほうれん草の約20倍の量が含まれる
 Fカリウム
  利尿作用がある
  便秘作用やむくみの解消に効果

 

この中のカフェインは中枢神経を刺激して、疲労を回復してくれ、脂肪を燃焼させる作用があるので、運動時に痩せるお茶を飲みことでダイエット効果が期待できる。
健康目的やダイエット目的に飲まれているお茶には
 ・体脂肪を減らすお茶
 ・コレステロールを減らすお茶
 ・体脂肪をつきにくくするお茶
 ・高血圧に効果のあるお茶
 ・血糖値を上げにくくするお茶
 ・便秘解消に効果のあるお茶
 ・デトックス効果のあるお茶
 ・血流を良くするお茶
 ・食欲を抑えるお茶
など多くの種類の痩せるお茶等が販売されている。
日本茶には、煎茶(せんちゃ、消費量の約8割)、番茶(ばんちゃ)、焙じ茶(ほうじちゃ)、玄米茶(げんまいちゃ)玉露(ぎょくろ)、抹茶(まっちゃ)茎茶(くきちゃ)、芽茶(めちゃ)、粉茶(こなちゃ)パウダー茶、などがあります。

茶の健康効能

茶にはほかに類を見ないさまざまな成分が含まれ、人体に取り入れられると複合的な働きをする特徴がある。
しかし、これらの効能は即効性ではないものが大部分なので、活用するためには、日常的にお茶を飲む習慣を身につけることが大切である。

 

 

 ・美容と肌の健康に
 ・老化防止に、酸化防止に
 ・食物繊維による整腸に
 ・疲労回復とストレスの解消に
 ・がんの予防に
 ・コレステロール値を下げるために
 ・血糖値の上昇を抑えるために
 ・高血圧を下げるために
 ・食中毒の予防に
 ・風邪の予防に
 ・アレルギーを抑えるために
 ・ミネラルで新陳代謝を円滑化するために
 ・ダイエットに
 ・酒の飲み過ぎに
 ・スポーツの後に
 ・認知症防止に

と、お茶には多くの効能があることが知られている。
痩せるお茶と並行して、運動をすると、エネルギー源として最初にグリコーゲンが使用され、ついで脂肪が燃焼し、体重の減少へとつながる。
茶に含まれるカフェインは、エネルギー源として脂肪が優先的に使用される働きをするため、運動前に茶を飲むのは効果的である。
またカテキンは脂肪を分解する酵素の働きを強めることから、油を使った料理のときには最適な飲み物であろう。
茶は砂糖やミルクを使わない無糖飲料であることもダイエットに適した飲料と言える。
なお、飲料よりも茶葉(粉末)を摂取する方が肥満抑制の効果が高いことも明らかになっている。
痩せるお茶は数えきれないくらいの種類があるので、あなたの体に合ったお茶を選んで日常的に飲むことをススメます。

お茶の知識

お茶のことを正しい資料で知って、よりもっと身近に感じることができます。
茶のことを深く知ることで、痩せるお茶とともに健康で楽しい生活を送ることができるようになる。
お茶は多種多様な成分を含み、健康にも役立つさまざまな効果をもっている飲み物。
日本茶(緑茶)には渋味、苦味、うま味などの独特な味わいをもっている。
そして、緑茶には、人間の健康によい影響を与えるとされる成分(カテキン、カフェインなど)が多く含まれており、実に多様な効果・効能があります。
例えば、カテキンは4悪玉コレステロールを減らしてくれます。
 ・血中コレステロールの」低下
 ・体脂肪低下作用
 ・がん予防
 ・抗酸化作用
 ・虫歯予防、抗菌作用
など、お茶には良いことがいっぱい。

 

 

世界中でもっとも消費されるお茶は紅茶です。
紅茶は、20数ヵ国で生産されており、お茶の全生産量の約70%を占めています。
紅茶は、産地の気候風土によって、品質や香味にそれぞれの個性があります。そのため、産地名がそのまま銘柄として使われます。
品種で大別すると、熱帯性の喬木大葉種であるアッサム種、温帯性の潅木小中葉種である中国種に分けられますが、タンニン量が多く香味濃厚なアッサム種と、耐寒性とデリケートな香味の中国種を交配させ、それぞれの特徴を活かした品種も多くみられます。
インドの「ダージリン」、スリランカの「ウバ」、中国の「キーモン(祁門)」は世界三大紅茶といわれる銘茶です。
中国茶にも痩せるお茶が数多くあることが知られている。

中国茶の効能

中国茶は健康維持や痩身などに良いことが知られており、長く飲み続けることが必要不可欠。
中国茶は心身ともにリラックス効果もあり、医学的にも体に良いことが証明されている。
中国茶の主な7つの効能
 @緑茶(りょくちゃ)
  むくみ解消や口臭予防に効果を発揮
  緑茶はカフェインを多く含むため利尿作用が高く体の中の毒素と老廃物を排出させやすくしてくれる。
  むくみをとりたいときや膀胱炎の方におすすめ。
 A白茶(はくちゃ)
  白茶はからだの余分な熱を取とってくれるので、じんましんや水ぼうそうにもよい。
  のどをうるおしてくれるので空気が乾燥しているときにおすすめ。
 B黄茶(おうちゃ)
  リラックスしたいときにおすすめ
  精神を落ち着かせるリラクゼーション効果がある
  茶葉は見た目に美しいのでガラスの容器に入れるとゆったりした気分でお茶を楽しめる。

 

 

 C青茶(せいちゃ)
  冷え性改善や便秘症解消におすすめ
  烏龍茶が代表的なお茶でポリフェノールを多く含み、中性脂肪を洗い流す作用がある。
  飲み続けることで、コレステロールが低下し新陳代謝が活発になる。
  生活習慣病やダイエットに効果的。
 D紅茶(こうちゃ)
  冷え性や貧血におすすめ
  紅茶は体を温める作用があります。
  特に、らいち紅茶はリラックス効果もあり冷え性にオススメ。
 E黒茶(くろちゃ)
  人気のある普?(プアール)茶はダイエット茶の代名詞。
  体脂肪を燃焼しやすくする働きがあり、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす。
  ですので食事中に飲むと効果的。
 F花茶(はなちゃ)
  肌荒れや生理痛におすすめ
  花茶はビタミンCを豊富に含んでいるのでお肌の特効薬で、しみやくすみなどに効果的。

  めいくい花茶は生理痛を予防できるだけでなく、花の香りで生理中のイライラや不快感を和らげる。
  菊花茶は体内の熱を取り炎症を抑えてくれるので肌荒れに効果的。

 

プアール茶とめいくい花茶をブレンドすると、ダイエット効果と美肌&リラックス効果の両方が期待できる。
Wでうれしい女性のための一杯となり、”からだに効く”おすすめのブレンドです。
中国茶で健康を維持することができるでしょう。
中国茶は健康だけでなく痩せるお茶も多くあり、ダイエット目的だけでなくメタボの解消や健康体を作り上げるお茶として飲まれている。